記事一覧

タグホイヤー(TAG HEUER)精度を維持するための、堅牢製の追求

「タグホイヤー」はスイスの高級ウォッチブランド。1/100秒まで計測できるクロノグラフをいち早く開発したことでも有名で、オリンピックやF1など、さまざまなスポーツ競技の公式時計に採用されています。

タグホイヤーの腕時計は、「カレラ」「モナコ」など、モータースポーツに関連したモデルが豊富。上品かつスポーティーな高級腕時計を求めている方におすすめのブランドです。



世界初のスクエア型防水ケースを採用したシリーズ「モナコ」のメンズ腕時計です。赤・ブルー・シルバーを組み合わせたスポーティーなデザインが特徴。3時位置には1/4秒計、9時位置には30分計のクロノグラフを備えています。

ムーブメントは自動巻き。左サイドにあしらわれたリューズや、レーストラックのアスファルトをイメージしたブラックレザーベルトなど、同ブランドならではのディテールも魅力です。

防水性能は100m防水。カジュアルコーデと相性のよい高級腕時計を探している方は、ぜひチェックしてみてください。



高級感のあるシルバーの文字盤に、ピンクゴールドの針やインデックスをあしらったメンズ腕時計です。ケース幅はやや大きめの43mm。文字盤には1/4秒計・30分計・12時間計のクロノグラフと、日・曜日表示の窓を搭載しています。

ムーブメントには42時間のパワーリザーブを備えた自動巻きを採用。また、針は暗い場所ではほのかに発光するため、夜間の視認性も良好です。

ヴィンテージ感のあるアリゲーターレザーも魅力。おしゃれで大人っぽい高級腕時計を探している方におすすめです。


【関連記事】:http://mizumasa.top/

1000万円超の価値は確かにある! 最新技術が詰まった雲上級のカラクリ時計

2018年1月にジュネーブで開催されたSIHH(国際高級時計見本市)。発表された数多の新作から、今季の傾向や注目すべきポイントが見えてきた。そこで、キーワードをもとにオススメのアイテムを7回にわたり紹介。エルメス時計 メンズ今回は、機械仕掛けの面白さを再認識させてくれる、複雑機構や高性能ムーブメントを搭載した秀作。

見えない磁力に支えられて精緻なタービンセコンドが秒を刻み続ける
CVSTOS
クストス/チャレンジ ジェットライナーII P-S オートマティック



チタンケース、縦53.7×横41mm、自動巻き。118万円/フランク ミュラー ウォッチランド東京 03-3549-1949
デザインのアクセントになる大型スモールセコンドの羽根車は、ジェット機のタービンをイメージ。ブランド777センターセコンドとは違い、秒針の押さえが必要になるが、これを通常のバネ板ではなく磁力で圧着する点がユニークだ。機能的にも理にかなっており、摩耗せず、パワーロスもない。

初の自社開発ムーブメントを搭載した等身大のモダンウォッチ
BAUME & MERCIER
ボーム&メルシエ/クリフトン ボーマティック


SSケース、40mm径、自動巻き。31万円[予価]/ボーム&メルシエ 03-4461-8030
日常におけるユーティリティ性を求めた、ブランド初の自社開発ムーブメント、ボーマティックを搭載。120時間のロングパワーリザーブ、シリコン製ヒゲゼンマイの採用による1500ガウスの耐磁性に加え、クロノメーター取得の精度を併せ持つ。ミニマルなデザインも愛着を持って使い続けられる理由に。

原点に回帰し、ブランドを象徴するトノウシェイプをアップデート
PARMIGIANI FLEURIER
パルミジャーニ・フルリエ/カルパ エブドマデール



K18ローズゴールドケース、縦42.3×横32.1mm、手巻き。340万円/パルミジャーニ・フルリエ・ジャパン 03-5413-5745


【関連記事】:スマートな印象を与えてくれる定番のデザインが人気

あのロックスターと世界初のコラボも! “俺だけのレアもの”がここにある

時計選びは、ある意味で究極の自己満足とも捉えられよう。だからこそ、人とかぶらない時計選びは男たちの本心の表れでもある。限定モデルやコラボもの、ひいてはカスタマイズできるものなど、“俺だけのレアもの”がまさにそう。

世界で2カ所のみのカスタム体験

TIFFANY & CO.
ティファニー/CT60



40㎜径、自動巻き。72万円〜/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク 0120-488-712
ティファニー銀座本店では人気作、CT60の3針&40㎜径モデルにおいて「ウォッチ パーソナライゼーション プログラム」を昨春よりスタート。世界でこのサービスを常設するのはNY5番街の店舗と銀座のみというスペシャルな体験だ。オーデマピゲ 時計 メンズケース素材やダイヤルカラー、ストラップ、ブレスレット、針やインデックスを実に2720パターンという組み合わせから楽しめる。

日本との良き「伝統」的関係を表す

VACHERON CONSTANTIN
ヴァシュロン・コンスタンタン/トラディショナル 日本100周年記念モデル



K18WGケース、38㎜径、手巻き。277万5000円/ヴァシュロン・コンスタンタン 0120-63-1755
日本上陸100周年を記念し、ドレスウォッチ、トラディショナルがスレートカラーの手彫りギョーシェダイヤルで登場。12時位置のダイヤル外周に刻まれる“JAPAN 100 YEARS LIMITED EDITION”の文字にも特別感が滲む。日本限定75本。

ロックスターとの世界初コラボ

RAYMOND WEIL
レイモンド・ウェイル × デヴィッド・ボウイ/フリーランサー リミテッドエディション デヴィッド・ボウイ



SSケース、42.5㎜径、自動巻き。21万円/GMインターナショナル 03-5828-9080
「ミュージック&アート」に軸足を置くブランドが、デヴィッド・ボウイとの世界初コラボを実現。12時位置にアルバム『アラジン・セイン』の赤い稲妻、6時位置にアルバム『ダイヤモンドの犬』のロゴを配置。日本入荷50本。世界限定3000本。


【関連記事】:世界最大級のブランド腕時計、パック、服、財布、ジュエリー・輸入正規販売店

ディテールワークにも惹かれる、“今しか買えない”特別な時計

今しかない。そう言われるとつい、喉から手が出てしまう。ただし、魅力はその希少性だけじゃない。

トレンドのツボを押さえた、ならではの味付け。そんなディテールワークにも惹きつけられる。だからこれらの時計の持つ特別感は、さらに高まっていく。



1_HAMILTON
ハミルトン/カーキ パイロット クロノ オフィシャル タイムキーパーモデル
あの興奮が蘇るアビエーションウォッチ
レッドブル・エアレースとコラボ
曲技飛行パイロットが操るプロペラ機が大空を舞う、3次元モータースポーツのレッドブル・エアレース。昨年に引き続き公式タイムキーパーを務めるのが、アビエーションウォッチにおいても大きな実績を持つハミルトンだ。

それを記念したクロノグラフモデルは、シルバー×ブルーの配色で計器をイメージした骨太なデザイン。12時位置にはチェッカーフラッグのモチーフをあしらい、ケースバックには大会公式ロゴを刻印する。日本でも開催される大会だけに要注目モデルだ。SSケース、44mm径、クオーツ。9万1000円/スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7371

2_JAQUET DROZ
ジャケ・ドロー/グラン・セコンド トリビュート
創業2“8”0年を祝う、8の字インデックスの名品
ブランド創業280周年
1738年に創業、ピエール=ジャケ・ドローとアンリ・ルイ親子による隆盛を経て、2002年にスウォッチ グループの手で再興を遂げた名門、ジャケ・ドロー。

創業280周年を祝うモデルは、メインダイヤルよりも大きな秒針を持つ8の字インデックスがアイコニックなグラン・セコンドの初となるK18YGケースを採用するモデル。

その高い技術で知られる同社の高音焼成(=グラン・フー)エナメルダイヤルの美しさを、金色のケースとともに味わいたい。世界限定88本。K18YGケース、43mm径、自動巻き。233万円/ジャケ・ドロー ブティック銀座 03-6254-7288

3_IWC
IWC/ポートフィノ・ハンドワインド・ムーンフェイズ“150イヤーズ”
シンプルな美観に映すポエティックな月の輝き
ブランド創業150周年
シャフハウゼンの名門が今年、創業150周年を記念してリリースした「ジュビリーコレクション」からの1本。ローマ数字にリーフ針がモダンクラシカルな印象の名作「ポートフィノ」のムーンフェイズだ。

夜の静寂を思わせるネイビーダイヤルのなかに、シルバーカラーの可憐な月の表情を描き出し、ポエティックな美を表現した。

実際の月の満ち欠けと比べて122年に1日分しか誤差が生じない高精度に加え、8日巻きのロングパワーリザーブを誇る自社キャリバーも申し分ない。世界限定350本。SSケース、45mm径、手巻き。139万円/IWC 0120-05-1868

4_BELL & ROSS
ベル&ロス/BR 03-94 R.S.18
レーシングカーを時計に見立てた角形クロノ
ルノー・スポールとコラボ
ともにフランス生まれと、出自を同じくする両者のパートナーシップ3周年を記念して製作されたクロノグラフがこちら。

ケースをシャーシに、ダイヤルをボディに、それぞれ見立てたデザインセンスが秀逸だ。肉抜き加工をしたうえでマイクロサンドブラスト加工を施したチタンケースに、車輪を模したサブダイヤルを持つカーボンダイヤルを組み合わせた。

パドルシフトをイメージした赤いプッシャーとチームカラーを纏ったタキメーターは、ファンならずとも刺さるポイントに。世界限定999本。チタンケース、縦42×横42mm、自動巻き。82万円/オールブルー


【関連記事】:セレブに愛されるレプリカショップ

ユリス・ナルダンが「エグゼクティブ フリーホイール」限定4モデルを発表

希少素材で表現される機械技術と芸術性


ユリス・ナルダンの「フリーホイール」はオープンワーク化されたダイアル上を歯車が舞っているかのように見える独特の構造を備えたモデルだ。スーパーコピー時計そのため、リュウズによる主ゼンマイの巻き上げ時や時刻合わせ時の歯車の動きを楽しむことが出来る。また、4時位置にはパワーリザーブインジケーターを、6時位置にはトゥールビヨン機構を備える。


ユリス・ナルダン「エグゼクティブ フリーホイール」Ref.1760-176LE/OSM
白金族の貴金属であり、元素内で最大の比重を持つオスミウムを文字盤および香箱に採用した、「1760-176LE/OSM」。“天空の眺め”をテーマとしており、眩い光が降り注ぐ青空のような文字盤が特徴的だ。手巻き(Cal.UN-176)。23石。1万8000振動/時。パワーリザーブ約168時間。18KWG(直径44mm)。30m防水。世界限定18本。1184万円(税別)。
 そんなフリーホイールの文字盤と香箱カバーに特別な素材を使用した限定モデル、「エグゼクティブ フリーホイール」4モデルが新たに発表された。パテックフィリップ スーパーコピー4つのモデルには、それぞれに異なった素材が採用される。



ユリス・ナルダン「エグゼクティブ フリーホイール」Ref.1766-176LE/CARB
航空機グレードの軽量なカーボンファイバーとゴールド粒子を融合させたカーボニウムゴールドを採用した、「1766-176LE/CARB」。“大胆なエレガントさの研究”をテーマとしており、ユリス・ナルダンならではの革新性を味わうことができるモデルである。手巻き(Cal.UN-176)。23石。1万8000振動/時。パワーリザーブ約168時間。RG(直径44mm)。30m防水。世界限定18本。1147万円(税別)。
 風防もこの構造をより美しく見せるため、ケースサイド側からもダイアル面を鑑賞可能なウルトラボックスドーム型サファイアガラスを採用した。

【関連記事】:男性ならでは紳士的な魅力

リシャール・ミル"ライフスタイル"と"スポーティスタイル"の組み合わせ 「RM 33-02 オートマティック エクストラフラット」

カーボンTPT®製の初のラウンド型自動巻きウォッチ『RM 33-02』
 2011年に発表したコレクション初の超薄型ラウンドウォッチRM 033は、どんな日でも毎日使える究極の多用途性を意図したモデルだった。RM 033を再解釈した新作は、オリジナルモデルのラインを崩さず強調することにより、その美学を再解釈した。一方で外装、ケース、ダイアルは、よりスポーティな雰囲気を演出するために作り直された。こうして『ブルガリ 時計 新作』は、いわゆるデイリーなスタイルとスポーティスタイルを絶妙に調和させたものとなった。



■RM 33-02 オートマティック エクストラフラット
自動巻き。29石。21,600振動/時。18KRGケース(41.70 x 8.80mm)。パワーリザーブ約45時間。50m防水。17,000,000円(税別予価)。世界限定140本


ケースとストラップに隙間が無い全く新しい取り付け方法



初のラウンド型カーボンTPT®自動巻き時計は、カーボンTPT®製のベゼルとケースバック、それにサテン仕上げされたレッドゴールド製ミドルケースを採用。ストラップは、12時と6時方向の通常とは異なるラインから隙間無くデザインされ、全く新しい方法で取り付けられた。この新しい手法で、継ぎ目を見えなくすることで、このとても大胆なケースのダイナミックさがさらに際立った。

スポーティで丸みを帯びた、超薄型のタイムピース『RM 33-02』



『RM 33-02』は、スケルトン加工のグレード5チタン製キャリバーRMXP1を搭載。3Hzで可変慣性テンプにより制御されたこのキャリバーは、オフセンターに配置されたプラチナ製のマイクロローターにより巻き上げられる。その為、ムーブメント全体の厚みを2.6mmまで大幅に削減できた。さらにウェットサンドブラスト加工とタイタリット®処理が施された地板、マイクロブラスト加工、サテン仕上げが施された表面と面取りの全てが手作業によって行われ、非常にグラフィックなスケルトン加工が織り成す光と影により、立体感が強調されている。

【関連記事】:学生時代の腕時計

アートプリントが深める、ブルガリ・ブルガリ「シティーズ 限定モデル 2021」の魅力

40年以上にわたって、ラグジュアリーウォッチのアイコンであり続ける「ブルガリ・ブルガリ」。2020年、ブルガリは都会の冒険者たちが好むローマ、東京、ドバイ、パリ、ロンドン、イビサ、ミラノ、メキシコシティ、ニューヨークにインスパイアされて「ブルガリ・ブルガリ シティーズ限定モデル 2020」を作り上げた。ベゼルの6時位置に、それぞれの都市名が刻まれるほか、都市とのつながりをより深く感じられるよう、各「シティーズ限定モデル」には、9人の才能ある若きアーティストたちが作りあげた、12枚の個性溢れるアートプリントが時計と共に納品される。

アートプリントと対を成すブルガリ・ブルガリ「シティーズ限定モデル」



自動巻き(Cal.BVL 191)。26 石。2万8800 振動/時。パワーリザーブ約42時間。ブラックDLC加工SSケース(直径41 mm/厚さ8.7 mm)。18KPGリューズ。50 m防水。2020年限定。
 計9モデルが発表されるブルガリ・ブルガリ シティーズ限定モデル 2020。日本ではROMAとTOKYOバージョンのみ発売される。それぞれの時計にはブラウンのカーフレザー製とブラックのラバー製のストラップと、旅行や移動時に最適なグラインドレザー製のエレガントなブラックポーチが付属する。ブラックのケースは、傷のつきにくいDLC加工が施されるほか、都会の「冒険者」にふさわしく、防水性能も5気圧まで高められている。また、あえてねじ込み式のケースバックを使わないことで、ケースを薄くしている。ムーブメントは自社製の191だ。

時計にセットされるアートプリント



全部で9 都市
ブルガリ・ブルガリ「シティーズ 限定モデル 2020」は全て同じ仕様で、ベゼルの都市名の刻印だけが異なる。ローマ、東京、ドバイ、パリ、ロンドン、イビサ、ミラノ、メキシコシティ、ニューヨークの9都市が作られる。

世界初のチタニウムウオッチ誕⽣から50年、宇宙をイメージしたシチズン「コズミックブルー コレクション」

シチズンは、1970年に、当時宇宙開発の素材として注⽬されていたチタニウムをケースに使⽤した世界初の腕時計を発売してから、今年で50周年を迎えた。それを記念して、「アテッサ」、「エクシード」、「クロスシー」の3ブランドから、宇宙をイメージしたデザインの「コズミックブルー コレクション」を2021年1⽉2⽇に数量限定で発売する。

シチズン「コズミックブルー コレクション」



「コズミックブルー コレクション」は、「デュラテクトDLC」をケースとブレスレットに使⽤し、⽂字板は宇宙空間をイメージしたブルーで統⼀している。モデルごとに、ケースとバンドの表⾯仕上げと⽂字板のデザインを変えることで、各ブランドらしさを表現。アニバーサリーモデルとして、裏ぶたにシリアルナンバーが刻印される。



⽂字板に⻘と濃紺のグラデーションを施し、宇宙の壮⼤な奥⾏きを表現。サブダイヤルと秒針、インデックスにさりげなく使⽤したゴールドカラーが星々の煌めきを思わせる。ナイロン替えバンド付き。
シチズン アテッサ/ エコ・ドライブGPS衛星電波時計 F950 ダブルダイレクトフライト
光発電エコ・ドライブ(Cal/F950 / ⽉差±5秒)。スーパーチタニウム™(直径44.3mm、厚さ15.4mm)。10気圧防水。世界限定1300本。26万円(税別)

チタニウムは、軽く、錆びにくい⾦属として、1960年代にアポロ計画の宇宙船に使⽤される素材として注⽬を集めた。また、⾦属アレルギーを起こしにくいという特性もあり、シチズンは新世代の腕時計を実現するのにふさわしい素材としていち早く着⽬し、1970年に世界初のチタニウムウオッチ「X-8(エックスエイト) コスモトロン・クロノメーター」を発売した。チタニウムは腕時計の素材として多くのメリットがある⼀⽅、粘性の⾼い⾦属のため加⼯が難しく、また表⾯が軟らかくステンレスと⽐べてキズつきやすいという硬度の問題があった。シチズンはこれらの課題を乗り越え、2000年には、ステンレスの5 倍以上の表⾯硬度を持ち、美しく平滑な鏡⾯仕上げを可能としたシチズン独⾃の表⾯硬化技術「デュラテクト」を施した「スーパーチタニウム™」を採⽤した腕時計を発売した。

サファイアガラスの外周部分をゴールドに⾊づけし、「⻩道光」を表現。中央部の放射線状パターンと、控えめに輝くラメで神秘的な美しさを感じる⽂字板だ。ケースとブレスはヘアラインとミラー仕上げを組み合わせることで、『エクシード』らしいエレガントな仕上がり。
シチズン エクシード/ エコ・ドライブ電波時計
光発電エコ・ドライブ(Cal.H113 / ⽉差±15秒)。スーパーチタニウム™(直径38.4mm、厚さ7.9mm)。5気圧防水。限定700本。19万円(税別)
そして、初めてのチタニウムウオッチ発売から50周年を迎える今年、「スーパーチタニウムTM」は腕時計の素材にとどまらず、宇宙開発の舞台へ挑戦し始めた。⺠間⽉⾯探査プログラム「HAKUTO-R」が2022年に予定している⽉⾯着陸のランダー(⽉着陸船)⼀部パーツに「デュラテクトDLC」を施した「スーパーチタニウムTM」が採⽤される予定である。


【関連記事】:精密ブランド時計雑談

セイコー【2021 新作】創業140周年記念、情感あふれる日本の風景を表現した限定モデル5機種

セイコーの創業140周年を記念し、日本ならではの情感あふれる風景からインスパイアされた数量限定モデル全5機種が<セイコー プロスペックス><セイコー プレザージュ><セイコー アストロン>の3ブランドから2月~3月にかけて順次発売される。

西表島の美しさにインスパイアされたプロスペックス



セイコー創業140周年記念限定モデル
 豊かな海を育む西表島に広がる深緑の情景をデザインモチーフに採用。topkopi.com西表島は、島の面積の約90%が亜熱帯の自然林で覆われており、山奥から流れ出す河川の下流には広大なマングローブ林が形成されている。力強い鼓動を感じさせる深緑の世界を表現するため、ダイアルカラーを深緑で統一し、原生林に差し込む陽の光を思わせるゴールドカラーを針に採用した。

 スーパーコピーマリーンマスター プロフェッショナルから、ダイバーズウオッチ専用のメカニカルキャリバー「8L35」を搭載し、300m の飽和潜水用防水機能を持った本格ダイビングウオッチ1機種、ダイバースキューバから、1968年のメカニカルダイバーズをベースに現代的にデザイン解釈したメカニカルモデルと、重厚感からファンの間で“SUMO”の愛称で親しまれるデザインを採用したソーラークロノグラフモデル2機種の全3機種が登場する。いずれのモデルも、ダイアルカラーと融和する深緑の強化シリコン製ストラップが付属している。

マリーンマスタープロフェッショナル



セイコー プロスペックス マリーンマスタープロフェッショナル(SBDX043)
自動巻き(cal.8L35/平均日差+15秒~-10秒)。26石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約50時間。SS(直径44.3mm、厚さ15.4mm)。300m防水。世界限定3000本。33万円(税別)。付け替え用の強化シリコンストラップつき。3月6日発売予定。



日本から海外に広がる観桜の文化。なかでも、星明かりに照らされた「夜桜」は、周りの空間にも幽玄な輝きを与え、幻想的な雰囲気を醸し出す。パネライ 時計 修理夜の空をイメージしたオールブラックのケースに、風に舞う桜と夜空の星を重ね見る、情緒あふれる夜桜の風景を、濃い紫をベースとしたラメ入りのグラデーションでダイアル上に表現した。時刻修正時の運針速度が劇的に向上した、アストロン史上最高性能を誇るGPS ソーラーキャリバー「5X53」を搭載。

ロレックスもいいけどボーナス使ってあがりの時計 人生最後の時計はどれ?

記念すべき令和元年も終わりに近づき、また新たな年を迎えようとしております。

今月はボーナスが出たよ、なんて方も多いと思いますが、そんな記念すべき年号の変わり目に思い切って人生最後のあがりの時計を買おう、なんて方もおられるのではないでしょうか。

ロレックス腕時計修理もいいですが、あがりの時計となってくると、世の中にはロレックスの他にも素晴らしい時計というのはあるものでございます。

そこで、今回はボーナス使ってあがりの時計というわけで、人生最後の時計を選んでいこうと思います。


ランゲ&ゾーネ オデュッセウス

1本目は、ランゲ&ゾーネの新作 オデュッセウス。

お値段の方は、予価ではありますが310万円。

2019年も後半になって発表された、ランゲ&ゾーネの新作オデュッセウス。

注目すべきは、同社としては初のラグジュアリースポーツのカテゴリーに属すると思われる仕上がりになっていることだと思います。

ラグジュアリースポーツと言えば、パティックのノーチラスやオーデマ・ピゲのロイヤルオークが世界中で大人気ですが、どうでしょうか。

本当に時計が好きな人であれば、おそらく、こちらのモデルも検討に値することは間違いないと思います。

いや、むしろ、腕時計自体の愛好家であれば、もしかるすと迷うことなくこのオデュッセウスにいくかもしれませんね。

バシュロン・コンスタンタン

2本目は、バシュロン・コンスタンタン オーヴァー・シーズ。

お値段の方は、3,212,000円。

世界最古の時計ブランドとしても名高い、バセロン・コンスタンチン改めバシュロン・コンスタンタン。

今だにバセロンの方がしっくりくるのは私だけでしょうか。

ここのところ、世界中のセレブや有名人、お金持ちの方を中心にSNSなどで着けている時計を見ていると、流行っているから着けている感が否めません。

時計業界全体の盛り上がりという意味ではそれでもいいとは思いますが、しかし、本当に腕時計が好きな人間からすれば、あまりいい気がしないという方もおられるかもしれません。

パティック・フィリップ カラトラバ

3本目は、パティック・フィリップ カラトラバ。

お値段の方は、2,640,000円。

時計が好きで数々のコレクションをしてきた人が、最後に行きつくと言われているカラトラバ、通称クンロクモデル。

上品な面立ちは、全ての三針時計のお手本とも言われています。

昔はこれ1本で東京に家が建ったとか建たなかったとか。


オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク

4本目は、オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク。

お値段の方は、2,200,000円。

みんな大好きロイヤルオークということで、こちらのモデルもあがりの時計として選ばせてもらいました。

ここ最近のロイヤルオーク人気は凄いですね。

SNSなんかをみても、色々な著名人の方々がロイヤルオークを着けている様子が見れます。

個人的にはそんなに万人受けするようなブランド、モデルではなかったように思うのですがどうでしょうか。

グランドセイコー

5本目は、グランドセイコー SBGH201。

お値段の方は、620,000円+税。

ヘリテージコレクションからの1本で、クラシカルな佇まいがあがりの時計にふさわしい雰囲気を醸し出しております。

やはり、日本人たるもの最後は国産ブランドでという方も多いのではないかと思い、なかでも最高峰の技術を誇ると言われるグランドセイコーを選ばせてもらいました。

デザインはいたってシンプル、ザ・セイコーといった感じで、昭和時代の親父さんが着けていた時計といえば、こういったイメージという人も多いと思います。

こちらも他のモデル同様、あがりの時計としてはぴったりな1本ですね。

時計関係者も評価する“ぶっ飛んだ”デザイン

広田 ラグジュアリーブランドの本格志向は確実に高まってますね。一方で、ファッションブランドという括りで言うと、“普通”な時計を出しているところもある。ブランドの世界観を押し出すことなく、言ってみれば「ライセンスで作ってるんじゃないかな?」みたいな。そんななかで、確かにグッチに関しては、アレッサンドロ・ミケーレがデザインしたなって感じさせる、相当ぶっ飛んだのが出てます。「この時計使えるの、今年いっぱいかな」というものも含めて(笑)。

安藤 いいんです、それで。今を最大限に楽しむのが本来のファッションウォッチなんじゃないかなと思うんです。腕に着けて出かけたら「とにかく気分が上がる」っていうのが大事。だけどそれって、簡単そうで実はかなり難しい。次から次と新しい楽しみを発明していかなくちゃいけないわけだから。


広田雅将●1974年、大阪府生まれ。腕時計専門誌「クロノス」編集長。腕時計ブランドや専門店で講演会なども行う業界のご意見番である。その知識の豊富さから、付いたあだ名は「ハカセ」。
広田 その意味で、グッチの時計作りって、ジュエリーと同じ感覚なのかもしれないですね。

安藤 まさにその通りかも。貴金属を使うわけでもなく、すごい機械を載せているわけでもなく、単純に今という瞬間を楽しみたい人のためのもの。別に資産価値があることが必要条件じゃない。

広田 ない、ない。

安藤 そしてそんな刹那的な存在であることは、むしろ贅沢な選択だと思うんです。シーズンごとに内容がガラリと変わるから、買うなら今しかない。90年代のスウォッチとか、それが楽しかった。スウォッチほど安くはないけど、その分、しっかりと高級感のある作り込みはされているし。

広田 僕が編集長をしている時計専門誌でも、グッチはずっと定点観測してるんです。時計ブランドに関していうと、ひと昔前まではファッションのトレンドと腕時計のトレンドって、必ずしも一致してなかった。でもグッチにはそのズレがないというか。だからなのか、グッチの時計を評価する時計関係者、すごく多いですね。

ギラつき感なし!ブライトリング「クロノマット」のコンビ時計が大人にしっくりくるワケ

男にとって腕時計は数少ないジュエリーだ。“飾る”ことも大きな役割。

そこで有効な選択肢となるのが、ゴールドを効かせたコンビケースの腕時計。



ブライトリングの新作は、頼もしい相棒となるはずだ。

これみよがしにならないシルバー×ゴールド
コンビケースには良くも悪くも派手さがつきまとう。ときには、金無垢よりも悪目立ちすることも。

ところが、この難題を解決した秀作がここ最近急増している。バタフライクラスプ式ルーローブレスレットの採用でスタイルを一新したブライトリングの「クロノマット BO1 42」はその最有力候補のひとつだろう。

まずは3色展開のその姿をご覧あれ。



「クロノマット BO1 42」シルバー、SS×18Kレッドゴールドケース、42mm径、自動巻き。102万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン 0120-105-707)



「クロノマット BO1 42」ブルー、SS×18Kレッドゴールドケース、42mm径、自動巻き。131万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン 0120-105-707)



「クロノマット BO1 42」アンスラサイト、SS×18Kレッドゴールドケース、42mm径、自動巻き。131万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン 0120-105-707)
ご覧のように、いずれもコンビケースならではの色気を持ちつつ、ギラつき感は皆無。その秘密を解説していこう。

さりげないレッドゴールドの効能
なぜ、クロノマットのコンビモデルが、イヤミに見えないのか。そのポイントはズバリ、ゴールドの色味を抑えた絶妙なカラーバランスにある。

それこそ、数十年前のバブル期に大流行したコンビモデルといえば、イエローゴールドが主流であったが、ブライトリングはこなれた雰囲気にまとめるために赤みがかった18Kレッドゴールドを使うことでコントラストを抑えているのだ。

しかし、クロノマットに施された工夫はこれだけではない。

もうひとつのポイントは、時計全体を占めるゴールドの割合を調整した点。ベゼルの一部やブレスレットのリンクにさりげなくゴールドを取り入れるバランス感覚は、長い歴史に裏打ちされたブランドのセンスの現れというほかないだろう。

ゴールドの面積を必要最低限に抑えた模範解答的配色。
「クロノマット BO1 42」は、長年コンビケースへの苦手意識を抱えていた人にこそ試してほしい。大人が楽しむコンビ時計の模範回答は、実物を見ればさらに納得できるはずだ。

【関連記事】​​​​​​​: 2021一番人気のファッション情報

オリンピックのトライアスロンが好きな時計ブランド。

ジョン・ハリソン(JOHN HARRISON) 自動巻き腕時計 JH-020BL

イギリスの時計職人ジョン・ハリソンが自身の名前をブランド名にしてスタート。ベーシックなデザインと攻めたデザインのバランスがよく、個性的な腕時計であってもそこまで主張が強くないのがポイントです。

おしゃれなデザインの腕時計をつけるのに抵抗があるという方でも、これならつけられるのではないでしょうか。

ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood) CamdenLock VV069BKBR

誰もが知るヴィヴィアン・ウエストウッドの腕時計は、他に類を見ないデザイン。ウブロ 時計 メンズ繊細でエレガントなデザインが魅力的で、ディテールにまでこだわり抜かれており、デザイン性の高さでは他と一線を画しています。

イギリスブランドで個性的なデザインの腕時計をお探しの方は、ぜひチェックしてくださいね。

バブアー(Barbour) 腕時計 BB020BKNV

イギリスのセレブに向けた腕時計を展開するバブアーは、アウトドアライクで品があるのが特徴。ウブロ スーパーコピーファッションアイテムとしても評価が高く、防水性、耐久性が高いことから機能面も充実しています。英国御用達の称号も獲得しているため、高いレベルでのモノづくりは世界中で認知されています。

個性的なデザインが話題の腕時計


前述の通りカラトラバの名前が出てきたのは後年で、当時は96という型式が付けられました。

そして以降デザインコードとして確立されたこの初代は、当時ドイツにあった先進的な芸術学校「バウハウス」の影響を強く受けていたことで知られています。

バウハウスはモダニズムなどのデザイン研究がさかんで、「形態は機能に従う」という方針の教育が行われていました。ジラール・ペルゴそれまでの機械や建築は様式や歴史に則ってデザインされていましたが、新たな時代には機能を追求することで洗練された美しいデザインになると考えられるようになったのです。

その結果、Ref.96(クンロク)はこれまでにない機能性とシンプルさを備えた腕時計となりました。


Ref.3796は、1982年に誕生したRef.96の流れをくむカラトラバです。

そして実はこの頃、ようやくRef.96(クンロク)から続くデザインコード―シンプルでケースと一体化したラグを持つ3針もしくはスモールセコンドを備えたモデル―が、「カラトラバ」と呼ばれるようになりました。

Ref.3796はRef.96(クンロク)の正当な後継機としてデザイン踏襲して作成された、カラトラバの中のカラトラバと言えます。しかしながら「現代版クンロクの原点」と称される理由、それはムーブメントがハイスペック化したことにあります。

搭載されるムーブメントCal.215は、1970年代までカラトラバで用いられてきたムーブメントとは大きく異なるものでした。なお、後述する現行カラトラバでもCal.215は載せられています。

大きな変更点は、振動数が28,800振動/時とハイビート化したこと。従来のカラトラバに搭載されていたムーブメントは10系にしろ12系にしろ、18,000~19,800振動/時でした。

ビジネスシーンにおすすめのメンズ腕時計人気ブランド


ビジネスにおいて、時間管理能力を問われるシーンはとても多いでしょう。正確な時間管理はビジネスパーソンにとっては必要不可欠なスキル、そこで活躍するのがやはり腕時計です。

今回はそんなビジネスパーソンの強い味方となるメンズ向けのブランド時計をご紹介します。基本の選び方から、年代別におすすめの人気ブランド時計をピックアップしてみました!
腕時計のビジネスにおけるマナー
スマートフォンやパソコンで時間が確認できるからと、あえて腕時計を使用しない人もいるでしょう。会社にてルールが設定されていないのなら、腕時計の着用は個人の自由です。しかしながら、大切な商談や会議中にスマートフォンで時刻の確認を行うのは気分を良くしない方も中にはいらっしゃることでしょう。

ビジネスにおいてのマナーとは、相手との信頼関係を深めるために気遣うこと。時間管理が必須なビジネスシーンにおいて、腕時計でさりげなくスピーディーに時刻を確認することはマナーのある行為といえます。

社会人らしい身だしなみの一部として、腕時計も欠かせないアイテムの1つであることを認識しておきましょう。

腕時計の文字盤にはさまざまなカラーや模様が存在します。ビジネスシーンで違和感の無い文字盤の色と言えば白、黒(若しくはグレー)および青といったところでしょう。

白文字盤:清潔感があり、誠実な印象を与えるホワイト。
黒文字盤:ブラックスーツとの統一感があり、重厚感を与えるシックなカラー。
青文字盤:信頼感のあるスマートな印象を与えるブルー。スーツとの馴染みも◎


【関連記事】:あるゆるシーンで使える万能なシンプルデザインの腕時計

シンプルなデザインの腕時計でスタイリッシュに

『シチズン』の技術力を背景に持つクオリティの高さもさることながら、常識にとらわれない自由なデザインこそがブランドの生命線です。例えば、初代モデルでは明るいクリアカラーをベースに当時画期的ブランド時計 コピーな「見切り型」の回転式アナログ文字盤を採用。独特なクッションケースと相まって大きな話題となりました。以降も、デュアルタイムモデルやカラーガラスモデル、ブルヘッドモデルなど意欲的な新作を次々と発表しています。得てしてそれらは、“丸”と”四角”を巧みに組み合わせたデザインが多く、正反対の形状を取り入れることで「意志ある自由」を表現しているのです。

最近、ウォッチメーカーとアパレルブランドとのコラボレーションが続いています。『インディペンデント』もその例に漏れず、人気ブランドやセレクトショップとの別注を定期的にリリースしてきました。

しかし同ブランドはファッション業界だけでなく、他ジャンルと手を取り合うことでその可能性を広げてきました。たとえばロックバンド「KEYTALK(キートーク)」とのモデルで音楽カルチャーと結びついたかと思えば、アニメ『黒子のバスケ』や『名探偵コナン』とのメディアMIXを発表していたりもします。高い品質は維持しつつ、他のウォッチブランドに真似できない柔和なマインドを持っている『インディペンデント』は希有な存在なのです。


特徴的なクロスデザインを文字盤にあしらい、ラウンドケースとの対比を際立たせた1本。パネライ 時計 芸能人カーキのNATOベルトと明るいグリーンイエローの針やインデックスがフレッシュなミリタリーテイストを感じさせます。細身のベゼルやケース裏側のカッティングにより、軽さや薄さを出して快適な着け心地も実現。また、光発電を採用しており、一度フルで充電すればパワーセーブ作動時で約2年間充電不要となっています。

オリンピックの重量挙げ選手のお父さんが好きな腕時計です。


手腕、手練、上手、敏腕など、賞賛の意を込めた手や腕に関する成句は多い。手は体の重要な部分であり、手元の主張というのは時に言葉以上の説得力を持つ。エルメス時計 メンズゆえに自らのキャラクターを表すメッセージとしての意思ある時計選びが重要となるのだ。

パテック フィリップ カラトラバ Ref.5196
不変の機能美をまとう時代を超越した傑作が品格を醸し出す
今月代弁する男の人となり
不言実行、知者は寡黙──多くを語らず、思慮深く仕事を成し遂げる。これ見よがしな外観に決して惑わされることなく、モノの本質を知る。真の価値を心得、品格ある大人は簡潔でクラシカルな腕時計に行き着く。

さり気なく品格を語れるシンプルで上質な腕時計
ネイビースーツとホワイトのシャツとの組み合わせは、ビジネススタイルの王道だと言えよう。がゆえに、ディテールにそれぞれの本質がにじみ出る。スーツのラペルロールはふんわりと柔らかな曲面を織り成し、シャツのシングルカフスはタイトにピッタリとフィットする。本物を知る人が見れば、これらのディテールからいずれも上質だと分かってもらえる。決してこれ見よがしではなく、さり気なく品格を語る。上手に年齢を重ねたエレガントな大人の着こなしには、シンプルでクラシックな腕時計がふさわしい。例えば、パテック フィリップの「カラトラバ Ref.5196」のような。

日付表示を持たず、ただ時を告げるだけと機構はシンプル。丸型のケースは小振りで、ことさら存在を主張しない。デザインはクラシカルで、控えめ。しかしケースや植字インデックス、そして針が光を受けて煌めく様子に、上質な手仕上げが窺える。内包するムーブメントもまた、隅々まで徹底した手仕上げが行き届く。見る人が見れば、その素晴らしさが理解してもらえ、身に着ける人の品格をさり気なく語ってくれる。


MORE
パテック フィリップ カラトラバ Ref.5196
PATEK PHILIPPE
パテック フィリップ
カラトラバ Ref.5196
腕時計黎明期の1932年に誕生し、クンロクの愛称を持つ傑作Ref.96のデザインを現代に受け継ぐ。時代を超越した不変のスタイルに、薄型手巻きの名ムーブメントCal.215 PSを潜めた。ケース厚も7.68 mmと薄く、エレガントな印象は一層強い。王道時計の頂点の一つ。手巻き。径37mm。18KRGケース。アリゲーターストラップ。

【関連記事】​​​​​​​: 【2021年】時計業界の新作発表は完全オンラインへ

オリンピックの重量挙げ選手のお父さんが好きな腕時計です。


手腕、手練、上手、敏腕など、賞賛の意を込めた手や腕に関する成句は多い。手は体の重要な部分であり、手元の主張というのは時に言葉以上の説得力を持つ。エルメス時計 メンズゆえに自らのキャラクターを表すメッセージとしての意思ある時計選びが重要となるのだ。

パテック フィリップ カラトラバ Ref.5196
不変の機能美をまとう時代を超越した傑作が品格を醸し出す
今月代弁する男の人となり
不言実行、知者は寡黙──多くを語らず、思慮深く仕事を成し遂げる。これ見よがしな外観に決して惑わされることなく、モノの本質を知る。真の価値を心得、品格ある大人は簡潔でクラシカルな腕時計に行き着く。

さり気なく品格を語れるシンプルで上質な腕時計
ネイビースーツとホワイトのシャツとの組み合わせは、ビジネススタイルの王道だと言えよう。がゆえに、ディテールにそれぞれの本質がにじみ出る。スーツのラペルロールはふんわりと柔らかな曲面を織り成し、シャツのシングルカフスはタイトにピッタリとフィットする。本物を知る人が見れば、これらのディテールからいずれも上質だと分かってもらえる。決してこれ見よがしではなく、さり気なく品格を語る。上手に年齢を重ねたエレガントな大人の着こなしには、シンプルでクラシックな腕時計がふさわしい。例えば、パテック フィリップの「カラトラバ Ref.5196」のような。

日付表示を持たず、ただ時を告げるだけと機構はシンプル。丸型のケースは小振りで、ことさら存在を主張しない。デザインはクラシカルで、控えめ。しかしケースや植字インデックス、そして針が光を受けて煌めく様子に、上質な手仕上げが窺える。内包するムーブメントもまた、隅々まで徹底した手仕上げが行き届く。見る人が見れば、その素晴らしさが理解してもらえ、身に着ける人の品格をさり気なく語ってくれる。


MORE
パテック フィリップ カラトラバ Ref.5196
PATEK PHILIPPE
パテック フィリップ
カラトラバ Ref.5196
腕時計黎明期の1932年に誕生し、クンロクの愛称を持つ傑作Ref.96のデザインを現代に受け継ぐ。時代を超越した不変のスタイルに、薄型手巻きの名ムーブメントCal.215 PSを潜めた。ケース厚も7.68 mmと薄く、エレガントな印象は一層強い。王道時計の頂点の一つ。手巻き。径37mm。18KRGケース。アリゲーターストラップ。

【関連記事】​​​​​​​: 【2021年】時計業界の新作発表は完全オンラインへ

オリンピックのバドミントン選手のコーチが好きな腕時計です。

クロノメーターとして公式機関に認められたバラード オートマティックには、磁気の影響を受けにくいシリコン製ひげゼンマイが使われています。
時間が狂うリスクが少ないため、ビジネス用のメンズ腕時計として最適です。

加えて、精度だけではなく耐久性にも優れているので、デイリーユースの腕時計としても向いています。

デザインについてはティソらしいスタンダードさがあるので、幅広い年代の男性に人気です。
スーツにはもちろん、カジュアルファッションにも合わせやすいので、さまざまなシーンで活躍します。


このシリーズは、アンティーク風のフォルムが人気を集めています。
その名前のとおり、シンプルさを追求したカルバンクラインならではの文字板がモダンな印象を与えるメンズ腕時計です。

装飾なしのバーインデックスに秒針をなくした2針の仕様で、高い視認性が実現されています。

約7mmの薄型ケースと腕にフィットするメッシュベルトで快適につけられるのも嬉しいポイント。
また、ケースやブレスレットにはPVD加工が施され傷が付きにくいので、アクティブな男性にもおすすめのアイテムです。


【関連ブランド】:ブライトリング 時計

ハリーウィンストンの名作「HW エメラルド・コレクション」の歴史を語れますか?


2020/08/28
高級時計の買い方・選び方
ハリーウィンストンの名作「HW エメラルド・コレクション」の歴史を語れますか?
Facebook Twitter 友だち追加
ラグジュアリー傑作その“深化”を知る
ラグジュアリー系メゾンの豊かな創造性は、腕時計でも発揮される。調査でもその個性に惹かれ、愛用する方が多く見られた。そこで今回、4メゾンの定番をピックアップ。品格と独創性を生み出す、その歴史を掘り下げた。

前回の記事はこちら>>

HARRY WINSTON / ハリー・ウィンストン[HW エメラルド・コレクション]
宝石のカットに範を採るクラシカルモダンな八角形のドレスウォッチ
ハリー・ウィンストン
自動巻き。ケース39.3×33.3mm。18KWGケース。アリゲーターストラップ。230万円(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション) スーツ90万円、シャツ5万6000円/以上キートン(キートン 銀座店)
ダイヤモンドの王がジュエリーに続き、高級時計にも新境地を開く!
キング・オブ・ダイヤモンドの異名を持つハイジュエラーは、1989年から高級時計の分野でも名を馳せてきた。人気のウブロ 腕時計ファーストモデルには、ジュエリーウォッチのみならず永久カレンダーも登場。2011年には丸型のライン「HW ミッドナイト」を発表し、ドレスウォッチでも実力を発揮。

2019年、「HW エメラルド・オートマティック 33mm」(写真上)が誕生。ファセットカットによる立体的な八角形ケースにシリコンひげゼンマイ採用の3日巻きが潜み、機械的な魅力も高い。

【関連記事】:セレブに愛されるレプリカショップ

ページ移動