記事一覧

オリンピックのトライアスロンが好きな時計ブランド。

ジョン・ハリソン(JOHN HARRISON) 自動巻き腕時計 JH-020BL

イギリスの時計職人ジョン・ハリソンが自身の名前をブランド名にしてスタート。ベーシックなデザインと攻めたデザインのバランスがよく、個性的な腕時計であってもそこまで主張が強くないのがポイントです。

おしゃれなデザインの腕時計をつけるのに抵抗があるという方でも、これならつけられるのではないでしょうか。

ヴィヴィアン・ウエストウッド(Vivienne Westwood) CamdenLock VV069BKBR

誰もが知るヴィヴィアン・ウエストウッドの腕時計は、他に類を見ないデザイン。ウブロ 時計 メンズ繊細でエレガントなデザインが魅力的で、ディテールにまでこだわり抜かれており、デザイン性の高さでは他と一線を画しています。

イギリスブランドで個性的なデザインの腕時計をお探しの方は、ぜひチェックしてくださいね。

バブアー(Barbour) 腕時計 BB020BKNV

イギリスのセレブに向けた腕時計を展開するバブアーは、アウトドアライクで品があるのが特徴。ウブロ スーパーコピーファッションアイテムとしても評価が高く、防水性、耐久性が高いことから機能面も充実しています。英国御用達の称号も獲得しているため、高いレベルでのモノづくりは世界中で認知されています。

個性的なデザインが話題の腕時計


前述の通りカラトラバの名前が出てきたのは後年で、当時は96という型式が付けられました。

そして以降デザインコードとして確立されたこの初代は、当時ドイツにあった先進的な芸術学校「バウハウス」の影響を強く受けていたことで知られています。

バウハウスはモダニズムなどのデザイン研究がさかんで、「形態は機能に従う」という方針の教育が行われていました。ジラール・ペルゴそれまでの機械や建築は様式や歴史に則ってデザインされていましたが、新たな時代には機能を追求することで洗練された美しいデザインになると考えられるようになったのです。

その結果、Ref.96(クンロク)はこれまでにない機能性とシンプルさを備えた腕時計となりました。


Ref.3796は、1982年に誕生したRef.96の流れをくむカラトラバです。

そして実はこの頃、ようやくRef.96(クンロク)から続くデザインコード―シンプルでケースと一体化したラグを持つ3針もしくはスモールセコンドを備えたモデル―が、「カラトラバ」と呼ばれるようになりました。

Ref.3796はRef.96(クンロク)の正当な後継機としてデザイン踏襲して作成された、カラトラバの中のカラトラバと言えます。しかしながら「現代版クンロクの原点」と称される理由、それはムーブメントがハイスペック化したことにあります。

搭載されるムーブメントCal.215は、1970年代までカラトラバで用いられてきたムーブメントとは大きく異なるものでした。なお、後述する現行カラトラバでもCal.215は載せられています。

大きな変更点は、振動数が28,800振動/時とハイビート化したこと。従来のカラトラバに搭載されていたムーブメントは10系にしろ12系にしろ、18,000~19,800振動/時でした。

ビジネスシーンにおすすめのメンズ腕時計人気ブランド


ビジネスにおいて、時間管理能力を問われるシーンはとても多いでしょう。正確な時間管理はビジネスパーソンにとっては必要不可欠なスキル、そこで活躍するのがやはり腕時計です。

今回はそんなビジネスパーソンの強い味方となるメンズ向けのブランド時計をご紹介します。基本の選び方から、年代別におすすめの人気ブランド時計をピックアップしてみました!
腕時計のビジネスにおけるマナー
スマートフォンやパソコンで時間が確認できるからと、あえて腕時計を使用しない人もいるでしょう。会社にてルールが設定されていないのなら、腕時計の着用は個人の自由です。しかしながら、大切な商談や会議中にスマートフォンで時刻の確認を行うのは気分を良くしない方も中にはいらっしゃることでしょう。

ビジネスにおいてのマナーとは、相手との信頼関係を深めるために気遣うこと。時間管理が必須なビジネスシーンにおいて、腕時計でさりげなくスピーディーに時刻を確認することはマナーのある行為といえます。

社会人らしい身だしなみの一部として、腕時計も欠かせないアイテムの1つであることを認識しておきましょう。

腕時計の文字盤にはさまざまなカラーや模様が存在します。ビジネスシーンで違和感の無い文字盤の色と言えば白、黒(若しくはグレー)および青といったところでしょう。

白文字盤:清潔感があり、誠実な印象を与えるホワイト。
黒文字盤:ブラックスーツとの統一感があり、重厚感を与えるシックなカラー。
青文字盤:信頼感のあるスマートな印象を与えるブルー。スーツとの馴染みも◎


【関連記事】:あるゆるシーンで使える万能なシンプルデザインの腕時計

シンプルなデザインの腕時計でスタイリッシュに

『シチズン』の技術力を背景に持つクオリティの高さもさることながら、常識にとらわれない自由なデザインこそがブランドの生命線です。例えば、初代モデルでは明るいクリアカラーをベースに当時画期的ブランド時計 コピーな「見切り型」の回転式アナログ文字盤を採用。独特なクッションケースと相まって大きな話題となりました。以降も、デュアルタイムモデルやカラーガラスモデル、ブルヘッドモデルなど意欲的な新作を次々と発表しています。得てしてそれらは、“丸”と”四角”を巧みに組み合わせたデザインが多く、正反対の形状を取り入れることで「意志ある自由」を表現しているのです。

最近、ウォッチメーカーとアパレルブランドとのコラボレーションが続いています。『インディペンデント』もその例に漏れず、人気ブランドやセレクトショップとの別注を定期的にリリースしてきました。

しかし同ブランドはファッション業界だけでなく、他ジャンルと手を取り合うことでその可能性を広げてきました。たとえばロックバンド「KEYTALK(キートーク)」とのモデルで音楽カルチャーと結びついたかと思えば、アニメ『黒子のバスケ』や『名探偵コナン』とのメディアMIXを発表していたりもします。高い品質は維持しつつ、他のウォッチブランドに真似できない柔和なマインドを持っている『インディペンデント』は希有な存在なのです。


特徴的なクロスデザインを文字盤にあしらい、ラウンドケースとの対比を際立たせた1本。パネライ 時計 芸能人カーキのNATOベルトと明るいグリーンイエローの針やインデックスがフレッシュなミリタリーテイストを感じさせます。細身のベゼルやケース裏側のカッティングにより、軽さや薄さを出して快適な着け心地も実現。また、光発電を採用しており、一度フルで充電すればパワーセーブ作動時で約2年間充電不要となっています。

オリンピックの重量挙げ選手のお父さんが好きな腕時計です。


手腕、手練、上手、敏腕など、賞賛の意を込めた手や腕に関する成句は多い。手は体の重要な部分であり、手元の主張というのは時に言葉以上の説得力を持つ。エルメス時計 メンズゆえに自らのキャラクターを表すメッセージとしての意思ある時計選びが重要となるのだ。

パテック フィリップ カラトラバ Ref.5196
不変の機能美をまとう時代を超越した傑作が品格を醸し出す
今月代弁する男の人となり
不言実行、知者は寡黙──多くを語らず、思慮深く仕事を成し遂げる。これ見よがしな外観に決して惑わされることなく、モノの本質を知る。真の価値を心得、品格ある大人は簡潔でクラシカルな腕時計に行き着く。

さり気なく品格を語れるシンプルで上質な腕時計
ネイビースーツとホワイトのシャツとの組み合わせは、ビジネススタイルの王道だと言えよう。がゆえに、ディテールにそれぞれの本質がにじみ出る。スーツのラペルロールはふんわりと柔らかな曲面を織り成し、シャツのシングルカフスはタイトにピッタリとフィットする。本物を知る人が見れば、これらのディテールからいずれも上質だと分かってもらえる。決してこれ見よがしではなく、さり気なく品格を語る。上手に年齢を重ねたエレガントな大人の着こなしには、シンプルでクラシックな腕時計がふさわしい。例えば、パテック フィリップの「カラトラバ Ref.5196」のような。

日付表示を持たず、ただ時を告げるだけと機構はシンプル。丸型のケースは小振りで、ことさら存在を主張しない。デザインはクラシカルで、控えめ。しかしケースや植字インデックス、そして針が光を受けて煌めく様子に、上質な手仕上げが窺える。内包するムーブメントもまた、隅々まで徹底した手仕上げが行き届く。見る人が見れば、その素晴らしさが理解してもらえ、身に着ける人の品格をさり気なく語ってくれる。


MORE
パテック フィリップ カラトラバ Ref.5196
PATEK PHILIPPE
パテック フィリップ
カラトラバ Ref.5196
腕時計黎明期の1932年に誕生し、クンロクの愛称を持つ傑作Ref.96のデザインを現代に受け継ぐ。時代を超越した不変のスタイルに、薄型手巻きの名ムーブメントCal.215 PSを潜めた。ケース厚も7.68 mmと薄く、エレガントな印象は一層強い。王道時計の頂点の一つ。手巻き。径37mm。18KRGケース。アリゲーターストラップ。

【関連記事】​​​​​​​: 【2021年】時計業界の新作発表は完全オンラインへ

オリンピックの重量挙げ選手のお父さんが好きな腕時計です。


手腕、手練、上手、敏腕など、賞賛の意を込めた手や腕に関する成句は多い。手は体の重要な部分であり、手元の主張というのは時に言葉以上の説得力を持つ。エルメス時計 メンズゆえに自らのキャラクターを表すメッセージとしての意思ある時計選びが重要となるのだ。

パテック フィリップ カラトラバ Ref.5196
不変の機能美をまとう時代を超越した傑作が品格を醸し出す
今月代弁する男の人となり
不言実行、知者は寡黙──多くを語らず、思慮深く仕事を成し遂げる。これ見よがしな外観に決して惑わされることなく、モノの本質を知る。真の価値を心得、品格ある大人は簡潔でクラシカルな腕時計に行き着く。

さり気なく品格を語れるシンプルで上質な腕時計
ネイビースーツとホワイトのシャツとの組み合わせは、ビジネススタイルの王道だと言えよう。がゆえに、ディテールにそれぞれの本質がにじみ出る。スーツのラペルロールはふんわりと柔らかな曲面を織り成し、シャツのシングルカフスはタイトにピッタリとフィットする。本物を知る人が見れば、これらのディテールからいずれも上質だと分かってもらえる。決してこれ見よがしではなく、さり気なく品格を語る。上手に年齢を重ねたエレガントな大人の着こなしには、シンプルでクラシックな腕時計がふさわしい。例えば、パテック フィリップの「カラトラバ Ref.5196」のような。

日付表示を持たず、ただ時を告げるだけと機構はシンプル。丸型のケースは小振りで、ことさら存在を主張しない。デザインはクラシカルで、控えめ。しかしケースや植字インデックス、そして針が光を受けて煌めく様子に、上質な手仕上げが窺える。内包するムーブメントもまた、隅々まで徹底した手仕上げが行き届く。見る人が見れば、その素晴らしさが理解してもらえ、身に着ける人の品格をさり気なく語ってくれる。


MORE
パテック フィリップ カラトラバ Ref.5196
PATEK PHILIPPE
パテック フィリップ
カラトラバ Ref.5196
腕時計黎明期の1932年に誕生し、クンロクの愛称を持つ傑作Ref.96のデザインを現代に受け継ぐ。時代を超越した不変のスタイルに、薄型手巻きの名ムーブメントCal.215 PSを潜めた。ケース厚も7.68 mmと薄く、エレガントな印象は一層強い。王道時計の頂点の一つ。手巻き。径37mm。18KRGケース。アリゲーターストラップ。

【関連記事】​​​​​​​: 【2021年】時計業界の新作発表は完全オンラインへ

オリンピックのバドミントン選手のコーチが好きな腕時計です。

クロノメーターとして公式機関に認められたバラード オートマティックには、磁気の影響を受けにくいシリコン製ひげゼンマイが使われています。
時間が狂うリスクが少ないため、ビジネス用のメンズ腕時計として最適です。

加えて、精度だけではなく耐久性にも優れているので、デイリーユースの腕時計としても向いています。

デザインについてはティソらしいスタンダードさがあるので、幅広い年代の男性に人気です。
スーツにはもちろん、カジュアルファッションにも合わせやすいので、さまざまなシーンで活躍します。


このシリーズは、アンティーク風のフォルムが人気を集めています。
その名前のとおり、シンプルさを追求したカルバンクラインならではの文字板がモダンな印象を与えるメンズ腕時計です。

装飾なしのバーインデックスに秒針をなくした2針の仕様で、高い視認性が実現されています。

約7mmの薄型ケースと腕にフィットするメッシュベルトで快適につけられるのも嬉しいポイント。
また、ケースやブレスレットにはPVD加工が施され傷が付きにくいので、アクティブな男性にもおすすめのアイテムです。


【関連ブランド】:ブライトリング 時計

ハリーウィンストンの名作「HW エメラルド・コレクション」の歴史を語れますか?


2020/08/28
高級時計の買い方・選び方
ハリーウィンストンの名作「HW エメラルド・コレクション」の歴史を語れますか?
Facebook Twitter 友だち追加
ラグジュアリー傑作その“深化”を知る
ラグジュアリー系メゾンの豊かな創造性は、腕時計でも発揮される。調査でもその個性に惹かれ、愛用する方が多く見られた。そこで今回、4メゾンの定番をピックアップ。品格と独創性を生み出す、その歴史を掘り下げた。

前回の記事はこちら>>

HARRY WINSTON / ハリー・ウィンストン[HW エメラルド・コレクション]
宝石のカットに範を採るクラシカルモダンな八角形のドレスウォッチ
ハリー・ウィンストン
自動巻き。ケース39.3×33.3mm。18KWGケース。アリゲーターストラップ。230万円(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション) スーツ90万円、シャツ5万6000円/以上キートン(キートン 銀座店)
ダイヤモンドの王がジュエリーに続き、高級時計にも新境地を開く!
キング・オブ・ダイヤモンドの異名を持つハイジュエラーは、1989年から高級時計の分野でも名を馳せてきた。人気のウブロ 腕時計ファーストモデルには、ジュエリーウォッチのみならず永久カレンダーも登場。2011年には丸型のライン「HW ミッドナイト」を発表し、ドレスウォッチでも実力を発揮。

2019年、「HW エメラルド・オートマティック 33mm」(写真上)が誕生。ファセットカットによる立体的な八角形ケースにシリコンひげゼンマイ採用の3日巻きが潜み、機械的な魅力も高い。

【関連記事】:セレブに愛されるレプリカショップ