記事一覧

セイコー【2021 新作】創業140周年記念、情感あふれる日本の風景を表現した限定モデル5機種

セイコーの創業140周年を記念し、日本ならではの情感あふれる風景からインスパイアされた数量限定モデル全5機種が<セイコー プロスペックス><セイコー プレザージュ><セイコー アストロン>の3ブランドから2月~3月にかけて順次発売される。

西表島の美しさにインスパイアされたプロスペックス



セイコー創業140周年記念限定モデル
 豊かな海を育む西表島に広がる深緑の情景をデザインモチーフに採用。topkopi.com西表島は、島の面積の約90%が亜熱帯の自然林で覆われており、山奥から流れ出す河川の下流には広大なマングローブ林が形成されている。力強い鼓動を感じさせる深緑の世界を表現するため、ダイアルカラーを深緑で統一し、原生林に差し込む陽の光を思わせるゴールドカラーを針に採用した。

 スーパーコピーマリーンマスター プロフェッショナルから、ダイバーズウオッチ専用のメカニカルキャリバー「8L35」を搭載し、300m の飽和潜水用防水機能を持った本格ダイビングウオッチ1機種、ダイバースキューバから、1968年のメカニカルダイバーズをベースに現代的にデザイン解釈したメカニカルモデルと、重厚感からファンの間で“SUMO”の愛称で親しまれるデザインを採用したソーラークロノグラフモデル2機種の全3機種が登場する。いずれのモデルも、ダイアルカラーと融和する深緑の強化シリコン製ストラップが付属している。

マリーンマスタープロフェッショナル



セイコー プロスペックス マリーンマスタープロフェッショナル(SBDX043)
自動巻き(cal.8L35/平均日差+15秒~-10秒)。26石。2万8800振動/時。パワーリザーブ約50時間。SS(直径44.3mm、厚さ15.4mm)。300m防水。世界限定3000本。33万円(税別)。付け替え用の強化シリコンストラップつき。3月6日発売予定。



日本から海外に広がる観桜の文化。なかでも、星明かりに照らされた「夜桜」は、周りの空間にも幽玄な輝きを与え、幻想的な雰囲気を醸し出す。パネライ 時計 修理夜の空をイメージしたオールブラックのケースに、風に舞う桜と夜空の星を重ね見る、情緒あふれる夜桜の風景を、濃い紫をベースとしたラメ入りのグラデーションでダイアル上に表現した。時刻修正時の運針速度が劇的に向上した、アストロン史上最高性能を誇るGPS ソーラーキャリバー「5X53」を搭載。

ロレックスもいいけどボーナス使ってあがりの時計 人生最後の時計はどれ?

記念すべき令和元年も終わりに近づき、また新たな年を迎えようとしております。

今月はボーナスが出たよ、なんて方も多いと思いますが、そんな記念すべき年号の変わり目に思い切って人生最後のあがりの時計を買おう、なんて方もおられるのではないでしょうか。

ロレックス腕時計修理もいいですが、あがりの時計となってくると、世の中にはロレックスの他にも素晴らしい時計というのはあるものでございます。

そこで、今回はボーナス使ってあがりの時計というわけで、人生最後の時計を選んでいこうと思います。


ランゲ&ゾーネ オデュッセウス

1本目は、ランゲ&ゾーネの新作 オデュッセウス。

お値段の方は、予価ではありますが310万円。

2019年も後半になって発表された、ランゲ&ゾーネの新作オデュッセウス。

注目すべきは、同社としては初のラグジュアリースポーツのカテゴリーに属すると思われる仕上がりになっていることだと思います。

ラグジュアリースポーツと言えば、パティックのノーチラスやオーデマ・ピゲのロイヤルオークが世界中で大人気ですが、どうでしょうか。

本当に時計が好きな人であれば、おそらく、こちらのモデルも検討に値することは間違いないと思います。

いや、むしろ、腕時計自体の愛好家であれば、もしかるすと迷うことなくこのオデュッセウスにいくかもしれませんね。

バシュロン・コンスタンタン

2本目は、バシュロン・コンスタンタン オーヴァー・シーズ。

お値段の方は、3,212,000円。

世界最古の時計ブランドとしても名高い、バセロン・コンスタンチン改めバシュロン・コンスタンタン。

今だにバセロンの方がしっくりくるのは私だけでしょうか。

ここのところ、世界中のセレブや有名人、お金持ちの方を中心にSNSなどで着けている時計を見ていると、流行っているから着けている感が否めません。

時計業界全体の盛り上がりという意味ではそれでもいいとは思いますが、しかし、本当に腕時計が好きな人間からすれば、あまりいい気がしないという方もおられるかもしれません。

パティック・フィリップ カラトラバ

3本目は、パティック・フィリップ カラトラバ。

お値段の方は、2,640,000円。

時計が好きで数々のコレクションをしてきた人が、最後に行きつくと言われているカラトラバ、通称クンロクモデル。

上品な面立ちは、全ての三針時計のお手本とも言われています。

昔はこれ1本で東京に家が建ったとか建たなかったとか。


オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク

4本目は、オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク。

お値段の方は、2,200,000円。

みんな大好きロイヤルオークということで、こちらのモデルもあがりの時計として選ばせてもらいました。

ここ最近のロイヤルオーク人気は凄いですね。

SNSなんかをみても、色々な著名人の方々がロイヤルオークを着けている様子が見れます。

個人的にはそんなに万人受けするようなブランド、モデルではなかったように思うのですがどうでしょうか。

グランドセイコー

5本目は、グランドセイコー SBGH201。

お値段の方は、620,000円+税。

ヘリテージコレクションからの1本で、クラシカルな佇まいがあがりの時計にふさわしい雰囲気を醸し出しております。

やはり、日本人たるもの最後は国産ブランドでという方も多いのではないかと思い、なかでも最高峰の技術を誇ると言われるグランドセイコーを選ばせてもらいました。

デザインはいたってシンプル、ザ・セイコーといった感じで、昭和時代の親父さんが着けていた時計といえば、こういったイメージという人も多いと思います。

こちらも他のモデル同様、あがりの時計としてはぴったりな1本ですね。

時計関係者も評価する“ぶっ飛んだ”デザイン

広田 ラグジュアリーブランドの本格志向は確実に高まってますね。一方で、ファッションブランドという括りで言うと、“普通”な時計を出しているところもある。ブランドの世界観を押し出すことなく、言ってみれば「ライセンスで作ってるんじゃないかな?」みたいな。そんななかで、確かにグッチに関しては、アレッサンドロ・ミケーレがデザインしたなって感じさせる、相当ぶっ飛んだのが出てます。「この時計使えるの、今年いっぱいかな」というものも含めて(笑)。

安藤 いいんです、それで。今を最大限に楽しむのが本来のファッションウォッチなんじゃないかなと思うんです。腕に着けて出かけたら「とにかく気分が上がる」っていうのが大事。だけどそれって、簡単そうで実はかなり難しい。次から次と新しい楽しみを発明していかなくちゃいけないわけだから。


広田雅将●1974年、大阪府生まれ。腕時計専門誌「クロノス」編集長。腕時計ブランドや専門店で講演会なども行う業界のご意見番である。その知識の豊富さから、付いたあだ名は「ハカセ」。
広田 その意味で、グッチの時計作りって、ジュエリーと同じ感覚なのかもしれないですね。

安藤 まさにその通りかも。貴金属を使うわけでもなく、すごい機械を載せているわけでもなく、単純に今という瞬間を楽しみたい人のためのもの。別に資産価値があることが必要条件じゃない。

広田 ない、ない。

安藤 そしてそんな刹那的な存在であることは、むしろ贅沢な選択だと思うんです。シーズンごとに内容がガラリと変わるから、買うなら今しかない。90年代のスウォッチとか、それが楽しかった。スウォッチほど安くはないけど、その分、しっかりと高級感のある作り込みはされているし。

広田 僕が編集長をしている時計専門誌でも、グッチはずっと定点観測してるんです。時計ブランドに関していうと、ひと昔前まではファッションのトレンドと腕時計のトレンドって、必ずしも一致してなかった。でもグッチにはそのズレがないというか。だからなのか、グッチの時計を評価する時計関係者、すごく多いですね。

ギラつき感なし!ブライトリング「クロノマット」のコンビ時計が大人にしっくりくるワケ

男にとって腕時計は数少ないジュエリーだ。“飾る”ことも大きな役割。

そこで有効な選択肢となるのが、ゴールドを効かせたコンビケースの腕時計。



ブライトリングの新作は、頼もしい相棒となるはずだ。

これみよがしにならないシルバー×ゴールド
コンビケースには良くも悪くも派手さがつきまとう。ときには、金無垢よりも悪目立ちすることも。

ところが、この難題を解決した秀作がここ最近急増している。バタフライクラスプ式ルーローブレスレットの採用でスタイルを一新したブライトリングの「クロノマット BO1 42」はその最有力候補のひとつだろう。

まずは3色展開のその姿をご覧あれ。



「クロノマット BO1 42」シルバー、SS×18Kレッドゴールドケース、42mm径、自動巻き。102万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン 0120-105-707)



「クロノマット BO1 42」ブルー、SS×18Kレッドゴールドケース、42mm径、自動巻き。131万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン 0120-105-707)



「クロノマット BO1 42」アンスラサイト、SS×18Kレッドゴールドケース、42mm径、自動巻き。131万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン 0120-105-707)
ご覧のように、いずれもコンビケースならではの色気を持ちつつ、ギラつき感は皆無。その秘密を解説していこう。

さりげないレッドゴールドの効能
なぜ、クロノマットのコンビモデルが、イヤミに見えないのか。そのポイントはズバリ、ゴールドの色味を抑えた絶妙なカラーバランスにある。

それこそ、数十年前のバブル期に大流行したコンビモデルといえば、イエローゴールドが主流であったが、ブライトリングはこなれた雰囲気にまとめるために赤みがかった18Kレッドゴールドを使うことでコントラストを抑えているのだ。

しかし、クロノマットに施された工夫はこれだけではない。

もうひとつのポイントは、時計全体を占めるゴールドの割合を調整した点。ベゼルの一部やブレスレットのリンクにさりげなくゴールドを取り入れるバランス感覚は、長い歴史に裏打ちされたブランドのセンスの現れというほかないだろう。

ゴールドの面積を必要最低限に抑えた模範解答的配色。
「クロノマット BO1 42」は、長年コンビケースへの苦手意識を抱えていた人にこそ試してほしい。大人が楽しむコンビ時計の模範回答は、実物を見ればさらに納得できるはずだ。

【関連記事】​​​​​​​: 2021一番人気のファッション情報