記事一覧

チャペックから「Antarctique」の第三章~The secrets of nature inspire creation 自然の神秘は創造を刺激する

手作業によるニス仕上げのダイアルを搭載したAntarctique(アンタークティック)の第三章が発表されました。Orion Nebula(オリオン・ネビュラ)の銀河からのインスピレーション、Abyss(アビス)のイメージソースとなった深海の世界に続く、新作Emerald Iceberg(エメラルド・アイスバーグ)は儚いミステリーを表現しています。Czapek社製、マイクロローターを備えた自動巻きムーブメント、キャリバーSHX5を搭載した、もう一つの自然から着想を得た限定モデルです。



自然は、人々を驚かせるような緑の氷山を形成するなど、素晴らしいことを生み出します。南極大陸でのみ見られるこの独特な氷山は、第六大陸(南極大陸)の特定の地域で、1世紀以上にわたって探検家や船乗りによって報告されてきました。それらはしばしば「エメラルド氷河(Emerald Iceberg)」と呼ばれ、1798年のポエム「老水夫行(The Rime of the Ancient Mariner)」を思い起こさせます。その中で、作者のサミュエル・テイラー・コールリッジ(Samuel Taylor Coleridge)は、南極の船乗りが「氷は帆柱ほども高く、エメラルドのような碧だった」と説明しています。緑の氷河は1世紀以上にわたって人々を魅了してきましたが、この神秘的な色合いの起源を適切に説明できる人はいませんでした。



何十年もの間、科学者たちは、水が凍るにつれて氷に閉じ込められた、ずっと昔に死んだ海洋植物や動物の超微小な有機粒子によって氷が緑に変わったのではないか、と疑っていました。しかしジャーナル・オブ・ジオグラフィカル・リサーチ(Journal of Geographical Research)誌に掲載された2019年の研究では、別の要因を示唆しています。
研究チームは、緑の氷山が見つかった地域である南極の東海岸にあるアメリー棚氷(Amery Ice Shelf)で大量の鉄を発見しました。酸化鉄と一般的なサビは、黄色、オレンジ、赤、茶色などの土のような色合いになる傾向があります。したがって、調査によると、南極の岩粉に含まれる酸化鉄が氷山を緑に変え、氷河学者のジェームズ・レア(James Lea)が言ったように、「青と黄色の塗料を混ぜて緑にする、の南極版」である可能性があります。(出展: National Geographic)アンタークティックエメラルド・アイスバーグのダイアルでも、これらの驚くべき自然現象に着目しました。2020年に発売されどちらも完売した「オリオン・ネビュラ」「アビス」と同様に、エメラルド・アイスバーグのダイアルは、手作業によるニス仕上げがなされています。これは、ルロックルに本拠を構えるチャペックのパートナーであるMetalem(メタレム)社によって開発された独自の技術を駆使して製作されています。ダイアルは、まずニスを塗布し、ブラシによる手塗り、ラッカーをコーティングしたのち、ポリッシュ仕上げがなされます。すべての工程は手作業で行われるため、それぞれのダイアルはユニークピースとなります。

【関連記事】:http://reflecting.top

コメント一覧

クリスマスプレゼント URL 2021年11月26日(金)11時42分 編集・削除

クリスマスプレゼントに関するまとめ一覧ページ。彼氏や彼女、友達に送りたいプレゼントランキングや、子供が喜ぶおすすめ商品などを集約

人気腕時計情報 URL 2021年11月26日(金)12時43分 編集・削除

2021人気新作腕時計が発表され、新商品、新発売されました。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー