記事一覧

ロレックスもいいけどボーナス使ってあがりの時計 人生最後の時計はどれ?

記念すべき令和元年も終わりに近づき、また新たな年を迎えようとしております。

今月はボーナスが出たよ、なんて方も多いと思いますが、そんな記念すべき年号の変わり目に思い切って人生最後のあがりの時計を買おう、なんて方もおられるのではないでしょうか。

ロレックス腕時計修理もいいですが、あがりの時計となってくると、世の中にはロレックスの他にも素晴らしい時計というのはあるものでございます。

そこで、今回はボーナス使ってあがりの時計というわけで、人生最後の時計を選んでいこうと思います。


ランゲ&ゾーネ オデュッセウス

1本目は、ランゲ&ゾーネの新作 オデュッセウス。

お値段の方は、予価ではありますが310万円。

2019年も後半になって発表された、ランゲ&ゾーネの新作オデュッセウス。

注目すべきは、同社としては初のラグジュアリースポーツのカテゴリーに属すると思われる仕上がりになっていることだと思います。

ラグジュアリースポーツと言えば、パティックのノーチラスやオーデマ・ピゲのロイヤルオークが世界中で大人気ですが、どうでしょうか。

本当に時計が好きな人であれば、おそらく、こちらのモデルも検討に値することは間違いないと思います。

いや、むしろ、腕時計自体の愛好家であれば、もしかるすと迷うことなくこのオデュッセウスにいくかもしれませんね。

バシュロン・コンスタンタン

2本目は、バシュロン・コンスタンタン オーヴァー・シーズ。

お値段の方は、3,212,000円。

世界最古の時計ブランドとしても名高い、バセロン・コンスタンチン改めバシュロン・コンスタンタン。

今だにバセロンの方がしっくりくるのは私だけでしょうか。

ここのところ、世界中のセレブや有名人、お金持ちの方を中心にSNSなどで着けている時計を見ていると、流行っているから着けている感が否めません。

時計業界全体の盛り上がりという意味ではそれでもいいとは思いますが、しかし、本当に腕時計が好きな人間からすれば、あまりいい気がしないという方もおられるかもしれません。

パティック・フィリップ カラトラバ

3本目は、パティック・フィリップ カラトラバ。

お値段の方は、2,640,000円。

時計が好きで数々のコレクションをしてきた人が、最後に行きつくと言われているカラトラバ、通称クンロクモデル。

上品な面立ちは、全ての三針時計のお手本とも言われています。

昔はこれ1本で東京に家が建ったとか建たなかったとか。


オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク

4本目は、オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク。

お値段の方は、2,200,000円。

みんな大好きロイヤルオークということで、こちらのモデルもあがりの時計として選ばせてもらいました。

ここ最近のロイヤルオーク人気は凄いですね。

SNSなんかをみても、色々な著名人の方々がロイヤルオークを着けている様子が見れます。

個人的にはそんなに万人受けするようなブランド、モデルではなかったように思うのですがどうでしょうか。

グランドセイコー

5本目は、グランドセイコー SBGH201。

お値段の方は、620,000円+税。

ヘリテージコレクションからの1本で、クラシカルな佇まいがあがりの時計にふさわしい雰囲気を醸し出しております。

やはり、日本人たるもの最後は国産ブランドでという方も多いのではないかと思い、なかでも最高峰の技術を誇ると言われるグランドセイコーを選ばせてもらいました。

デザインはいたってシンプル、ザ・セイコーといった感じで、昭和時代の親父さんが着けていた時計といえば、こういったイメージという人も多いと思います。

こちらも他のモデル同様、あがりの時計としてはぴったりな1本ですね。

コメント一覧

ロレックス デイトナ コピー Eメール URL 2021年07月22日(木)16時11分 編集・削除

弊社人気ロレックスデイトナ スーパーコピー,最高品質ロレックスコスモグラフ デイトナ 偽物 時計,ロレックスデイトナ コピー 激安通販専門店、ロレックススーパーコピーを低価でお客様に提供します