記事一覧

世界初のチタニウムウオッチ誕⽣から50年、宇宙をイメージしたシチズン「コズミックブルー コレクション」

シチズンは、1970年に、当時宇宙開発の素材として注⽬されていたチタニウムをケースに使⽤した世界初の腕時計を発売してから、今年で50周年を迎えた。それを記念して、「アテッサ」、「エクシード」、「クロスシー」の3ブランドから、宇宙をイメージしたデザインの「コズミックブルー コレクション」を2021年1⽉2⽇に数量限定で発売する。

シチズン「コズミックブルー コレクション」



「コズミックブルー コレクション」は、「デュラテクトDLC」をケースとブレスレットに使⽤し、⽂字板は宇宙空間をイメージしたブルーで統⼀している。モデルごとに、ケースとバンドの表⾯仕上げと⽂字板のデザインを変えることで、各ブランドらしさを表現。アニバーサリーモデルとして、裏ぶたにシリアルナンバーが刻印される。



⽂字板に⻘と濃紺のグラデーションを施し、宇宙の壮⼤な奥⾏きを表現。サブダイヤルと秒針、インデックスにさりげなく使⽤したゴールドカラーが星々の煌めきを思わせる。ナイロン替えバンド付き。
シチズン アテッサ/ エコ・ドライブGPS衛星電波時計 F950 ダブルダイレクトフライト
光発電エコ・ドライブ(Cal/F950 / ⽉差±5秒)。スーパーチタニウム™(直径44.3mm、厚さ15.4mm)。10気圧防水。世界限定1300本。26万円(税別)

チタニウムは、軽く、錆びにくい⾦属として、1960年代にアポロ計画の宇宙船に使⽤される素材として注⽬を集めた。また、⾦属アレルギーを起こしにくいという特性もあり、シチズンは新世代の腕時計を実現するのにふさわしい素材としていち早く着⽬し、1970年に世界初のチタニウムウオッチ「X-8(エックスエイト) コスモトロン・クロノメーター」を発売した。チタニウムは腕時計の素材として多くのメリットがある⼀⽅、粘性の⾼い⾦属のため加⼯が難しく、また表⾯が軟らかくステンレスと⽐べてキズつきやすいという硬度の問題があった。シチズンはこれらの課題を乗り越え、2000年には、ステンレスの5 倍以上の表⾯硬度を持ち、美しく平滑な鏡⾯仕上げを可能としたシチズン独⾃の表⾯硬化技術「デュラテクト」を施した「スーパーチタニウム™」を採⽤した腕時計を発売した。

サファイアガラスの外周部分をゴールドに⾊づけし、「⻩道光」を表現。中央部の放射線状パターンと、控えめに輝くラメで神秘的な美しさを感じる⽂字板だ。ケースとブレスはヘアラインとミラー仕上げを組み合わせることで、『エクシード』らしいエレガントな仕上がり。
シチズン エクシード/ エコ・ドライブ電波時計
光発電エコ・ドライブ(Cal.H113 / ⽉差±15秒)。スーパーチタニウム™(直径38.4mm、厚さ7.9mm)。5気圧防水。限定700本。19万円(税別)
そして、初めてのチタニウムウオッチ発売から50周年を迎える今年、「スーパーチタニウムTM」は腕時計の素材にとどまらず、宇宙開発の舞台へ挑戦し始めた。⺠間⽉⾯探査プログラム「HAKUTO-R」が2022年に予定している⽉⾯着陸のランダー(⽉着陸船)⼀部パーツに「デュラテクトDLC」を施した「スーパーチタニウムTM」が採⽤される予定である。


【関連記事】:精密ブランド時計雑談

コメント一覧

紳士推薦します URL 2021年08月06日(金)16時23分 編集・削除

腕時計に関する情報をまとめたメディアです。腕時計に関するライフスタイル提案から、今さら聞けない知識など、腕時計が大好きな方へ情報を発信しています。