記事一覧

ヴァシュロン・コンスタンタンが ヘリテージ・ウォッチを厳選した特別展を開催

1755年から当世風のスタイルを表現する時計づくりのスペシャリストであったことを立証するヴァシュロン・コンスタンタンの歴史的な時計。 時計づくりの豊かな遺産を描き出すために、スーパーコピーヴァシュロン・コンスタンタンは、革新性や時計技術とデザインの観点からメゾンの歴史でさまざまな時代に足跡を残した代表モデルを厳選、 ヴァシュロン・コンスタンタン本社管理のプライベート・コレクションから選ばれた時計を10月10日から11月30日まで東京と大阪で展示します。


1755年に創業したヴァシュロン・コンスタンタンは、創設から一度も途切れずに時計を製造し続けてきた現在では最古のマニュファクチュールです。かくも長期に渡って時計づくりに携わる中で、メゾンは誕生当時の時代を特徴づけていた啓蒙主義の精神における“ベル・オート・オルロジュリー(美しい高級時計製造)”の追求を天職としてきました。
ヴァシュロン・コンスタンタンは、時代から次の時代へと育成された非の打ちどころのない熟達の専門技術や芸術的な味わいをもって自らの道を歩み、そして当時の証拠となるような各時代のスタイルやビジョンを語る数々の歴史的な時計を後世に残しました。この歴史的な展示物は、そうした時代を発見する旅へと誘います。

ジャン=マルク・ヴァシュロンが自身の工房をジュネーブに設立したのは啓蒙主義時代の1755年のこと。
彼は、自分の作品が称賛をもって回顧され、自身が信奉した啓蒙思想が今や昔懐かしい気持ちで振り返られる265年後をとても想像できなかったでしょう。タグホイヤー 時計 中古ヴァシュロン・コンスタンタンは、2世紀半以上の歴史を通じて創設者の精神をもちろん忠実に守ってきました。ジャン=マルク・ヴァシュロンにとって、時計づくりとは何よりまず科学と発見、知識の世界であり、同時に美の世界でした。メゾンは、長期に渡る時計づくりの足跡においてマニュファクチュールの革新的な生産力をはじめ、時計職人の熟練技術、デザイナーや有能なアルティザンの創造力を反映した時計を製作してきました。それによって、時計に対するヴァシュロン・コンスタンタン独特のビジョンや紛れもない個性的なスタイルが生まれました。

東京と大阪で展示される代表的な時計の数々は、ヴァシュロン・コンスタンタンの世界を発見する旅へと誘い、その一つ一つが芸術と技術が交錯する時計づくりのストーリーを語ります。そして大事なことを言い忘れていましたが、それぞれの時計に体現されているのは、「常に最善を尽くすこと、それは常に可能である」というメゾンのモットーです。ヘリテージ(歴史遺産)部門が管理する保存記録やおよそ1300点に及ぶプライベート・コレクションのおかげで、ヴァシュロン・コンスタンタンは今でも自社のはるかな過去の歴史まで内部で遡ることができるのです。

仕上げの段階で行われるいくつかの彫金がある一方で、他にも熟練職人の専門的なタッチが要求される彫金があります。直径43 mmの18Kイエローゴールド製ポケット・ウォッチは、ケースの裏蓋に施された“ヴェルミチェッリ(” 燕の巣)と呼ばれるパターンの装飾が特徴的で、彫金職人がこの時計に紛れもない個性をもたらしています。時と分を表示し、6時位置にスモールセコンドを配したムーブメントは、3時位置にボウ(環)を置き、ポケットから時計を取り出した際に手にスムーズな感触が得られるデザインになっています。また時計には、ジャック・バルテルミー・ヴァシュロンとフランソワ・コンスタンタンとが1819年に提携してから変わらずに用いられてきた "Vacheron & Constantin" の銘が記されています。


1755年の創業以来ヴァシュロン・コンスタンタンの職人技において傑出した地位を占めるのが彫金です。その職人技にはダイヤルに施される繊細なギヨシェ彫りのみならず、インタリオ(沈み彫り)という彫金技法や、鋼の彫刻刀を使って繊細なモチーフを絶妙に彫る技法によってケースやムーブメントの部品などを装飾する技も含まれます。彫金はまた、ブリッジのコート・ド・ジュネーブ模様をはじめ、地板のペルラージュ模様やムーブメント機構のオープンワークといった装飾に用いられるほか、さまざまな歯車機構にサンバーストやスネイル模様を施す場合にも使われます。

【関連記事】:ファッションは常に記憶にある

コメント一覧

【予算2万】 URL 2021年12月29日(水)10時24分 編集・削除

人気ブランドネックレス、リング、イヤーアクセサリー

最新ファションブランド URL 2021年12月30日(木)10時40分 編集・削除

世界のファッションやコレクションをはじめ、ファッションモデルやビューティ、ジュエリーなど、 ファッショントレンド、コーディネートをご紹介。